中山義秀(なかやまぎしゅう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

中山義秀(なかやまぎしゅう)プロフィール

作家

中山 義秀(なかやまぎしゅう、1900年10月5日-1969年8月19日)は、日本の小説家。福島県西白河郡大屋村(現白河市)生れ。本名、議秀(よしひで)。旧制安積中学(現福島県立安積高等学校)、早稲田大学文学部英文科卒。
大学在学中に、横光利一、富ノ沢麟太郎、小島勗らと同人誌『塔』を創刊。小説『穴』を発表。また、帆足図南次と『農民リーフレット』を発刊。卒業後、中学英語教師のかたわら著作業を始め、妻の死など苦難の後、著作集『電光』を刊行。1938年、岩瀬郡長沼町 (福島県) 長沼町を舞台にした『厚物咲』で第7回芥川龍之介賞 芥川賞。翌年『碑』を発表し、文壇での評価を高める。

中山義秀 なかやまぎしゅう の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
気位が高い野心家で、しかも徹底した努力家です。行動力、予知力、瞬間的判断力が抜群です。しかし、人を見る目は冷酷です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
責任感が強く、義侠心に富みます。頑張り屋ですが、スロースターターです。男女共子供運が弱いです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   27 半吉   半吉
摩擦 孤立 頭脳明晰
最も強情。理屈っぽいが沈着冷静。計算が致密。人一倍努力と根性で確実に好機をつかむ責任感強い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
中山義秀 の画数・良運
大内裕和 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
一色時家 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
井上誠吾 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三井善忠 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小木博明 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
李洪基 天格 人格 地格 総格 が同じです
阪哲朗 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

中山義秀

Page Top