成瀬巳喜男(なるせみきお)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

成瀬巳喜男(なるせみきお)プロフィール

映画監督

成瀬 巳喜男(なるせ みきお、1905年8月20日 - 1969年7月2日)は、東京都四谷出身の映画監督。
1920年に松竹松竹蒲田撮影所 蒲田撮影所に入社。小道具係、助監督を経て1930年に『チャンバラ夫婦』で監督デビュー。最初はドタバタ喜劇を手がけていたが、1931年の『腰弁頑張れ』で注目を集める。『君と別れて』、『夜ごとの夢』といった作品で頭角を現すようになる。
だが彼の作風は当時の小津安二郎と似通ったものがあり、蒲田撮影所長の城戸四郎(後の松竹社長)に「小津は2人いらない」と言われる。またこの時期、後の東宝で彼の映画を多数製作することになる藤本真澄とも知りあうことになる。

成瀬巳喜男 なるせみきお の画数・良運

天格   25 吉   吉
個性 才能 強運
芸術方面や、金融関係にすぐれた才能を発揮します。運勢が強く巧みに生き残ってゆく家柄です。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
失敗や貧困を人一倍恥と考え、気位高い性格です。清潔好きで、見栄っぱり、まじめな努力家です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
美男美女が多く、音楽や芸術の能力を発揮します。料理、ファッションの工夫も一流です。子供にはスパルタ教育をします。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   25 吉   吉
個性 才能 強運
人からは、人前で弱味を見せない、強気で見栄張り、ピンチを巧みに切り抜ける一匹狼というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   47 吉   吉
結実 円満 発展
先見性ありピンチに動ぜず。マイペース守る。頼まれるといやと言えず。お人好し。世話好き、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
成瀬巳喜男 の画数・良運
海老原喜之助 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
五明楼国輔 天格 地格 総格 が同じです
三遊亭圓馬 人格 外格 総格 が同じです
早瀬詠一郎 天格 地格 総格 が同じです
廣野理恵 人格 外格 総格 が同じです
馬飼野康二 人格 外格 総格 が同じです
羽根渕章洋 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

成瀬巳喜男

Page Top