西澤保彦(にしざわやすひこ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

西澤保彦(にしざわやすひこ)

作家

西澤 保彦(にしざわ やすひこ、1960年12月25日 - )は、日本の推理作家。
1960年高知県生まれ。高知県安芸高等学校を卒業後、アメリカ合衆国 米国の私立エカード大学で創作法を専攻。
帰国後は、高知大学の助手や女子校の講師などをつとめるかたわら推理小説を執筆。江戸川乱歩賞や小説現代新人賞などに投稿を続けるも、受賞にはいたらず。
1990年、第1回鮎川哲也賞に応募した『聯殺』(れんさつ)が最終候補に残る(ちなみにこのときの受賞作が、芦辺拓の『殺人喜劇の13人』で、佳作入賞が二階堂黎人の『吸血の家』である)。受賞はしなかったが、招待された受賞パーティーの席で島田荘司と出会い、「いいものがあったら見てあげます」と言われる。

西澤保彦 にしざわやすひこ の画数・良運

天格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
女傑が出やすく美人の誉れ高い家系です。運の強い女性を迎えて家は栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   25 吉   吉
個性 才能 強運
話し術が巧みで、しゃべると魅力、才能が光るます。頭の回転が速い倹約家です。企画力が抜群ですが、金儲けは下手です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
人一倍勤勉の努力家です。親の信頼は絶大です。頭も良く、周囲の期待を裏切りません。女性は内助の功、内向性、病難が有ります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
人からは、社交上手、人の気をそらさぬ話術を持ち、人とまじめに付き合う、一度裏切られると自ら身を引く人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   40 凶   凶
自信過剰 異性 トラブル
自他共に厳しさ求め、正義責任感強い人。まじめ、他人を優先して考え行動してゆく、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
西澤保彦 の画数・良運
蓼沼謙一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小瀬甫庵 天格 地格 総格 が同じです
朝倉海音 天格 地格 総格 が同じです
近藤里奈 人格 外格 総格 が同じです
藤井淳志 天格 地格 総格 が同じです
名越稔洋 人格 外格 総格 が同じです
鍋本凪々美 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

西澤保彦

Page Top