埴谷雄高(はにやゆたか)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

埴谷雄高(はにやゆたか)プロフィール

評論家

埴谷 雄高(はにや ゆたか、男性、1909年12月19日 - 1997年2月19日)は、小説家、評論家。本名は、般若 豊(はんにゃ ゆたか)。代表作は存在の秘密や大宇宙について語った思弁的な大長編小説『死靈』。世界文学史上未曾有の形而上小説であるが未完に終わった。アナキズムに強いシンパシーを抱き続けた元マルクス主義 マルクス主義者で、検挙後に転向した。イマヌエル・カント カント、フョードル・ドストエフスキー ドストエフスキーなどから甚大な影響を受けた。
子供の頃から身体が弱く常に死を身近に感じていたという。子供心に台湾において支配者日本人を強く意識し、罪悪感を感じていた。

埴谷雄高 はにやゆたか の画数・良運

天格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
代々、財産家か社会的信用、地位のある名誉職についている人が多く、男性を中心に繁栄してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭はよいが金運は弱いようです。配偶者、実子に縁が薄く、病難が周囲にいて面倒を看ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
美男美女が多く、音楽や芸術の能力を発揮します。料理、ファッションの工夫も一流です。子供にはスパルタ教育をします。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
人からは、敵、味方に人を区別し易く閥をつくりたがる、能弁、誠実、信用ある人、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   40 凶   凶
自信過剰 異性 トラブル
自他共に厳しさ求め、正義責任感強い人。まじめ、他人を優先して考え行動してゆく、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
埴谷雄高 の画数・良運
魚住裕一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
佐野房綱 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
久保寺瑞紀 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
寺久保進一朗 天格 地格 総格 が同じです
森岡清美 人格 外格 総格 が同じです
渡部英美 人格 外格 総格 が同じです
海野和三郎 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

埴谷雄高

Page Top