菱川師宣(ひしかわもろのぶ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

菱川師宣(ひしかわもろのぶ)

浮世絵の始祖

菱川師宣(ひしかわ もろのぶ、男性、元和4年(1618年)? - 元禄7年6月4日 (旧暦) 6月4日(1694年7月25日))は、江戸時代の浮世絵師。
安房国保田(千葉県鋸南町)出身の浮世絵師。縫箔師の家に生まれのち江戸に出て狩野派、土佐派などを学ぶ。浮世絵を単なる挿絵ではない、鑑賞絵画の一ジャンルにまで高めたという点で師宣の絵画史上における位置は重要で、しばしば「浮世絵の祖」と称される。一般には、記念切手(1948年11月29日発行「切手趣味週間記念」額面5円)のデザインになった肉筆浮世絵の「見返り美人図」の作者として知られる。また春画も数多く描いた。故郷の千葉県鋸南町には菱川師宣記念館がある。

菱川師宣 ひしかわもろのぶ の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
人からは、無口、とっつきにくい、こり性、用心深い、社交性に欠ける、心は純真者、気のよい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   33 吉   吉
開運 勇気 成功
理想大きい、現実逃避、威圧的、発言、人をバカにしたような癖、頭は切れ、プライド高い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
菱川師宣 の画数・良運
黒川晃彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
堀川悟郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
河地良智 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
桜井美馬 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
高井研一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
高木俊朗 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
佐々木昭一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

菱川師宣

Page Top