深沢七郎(ふかざわしちろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

深沢七郎(ふかざわしちろう)

小説家

深沢 七郎 (ふかさわ しちろう、1914年1月29日 - 1987年8月18日) は、日本の小説家。
山梨県東八代郡石和町(現笛吹市)に生まれる。中学の頃からギターに熱中し、ギタリストとなる。1954年、「桃原青二」の芸名で日劇ミュージックホールに出演した。
1955年に姥捨山をテーマにした「楢山節考」を中央公論新人賞に応募、第1回受賞作となった。三島由紀夫らが激賞して、ベストセラーとなり、二度にわたって映画化された(1958年木下恵介監督、1983年今村昌平監督)。戦国時代 (日本) 戦国時代の甲斐国 甲州の農民を描いた『笛吹川』も評判になった。
1960年に『中央公論』に発表した「風流夢譚」では、皇族が処刑されるシーンを描いたことから世論の非難を浴び、深沢は各地を放浪する羽目になった。翌年には中央公論社長宅が右翼に襲撃される嶋中事件が起こった(風流夢譚事件)。放浪中も『放浪の手記』などを執筆。1965年、埼玉県菖蒲町に落ち着き、上大崎の見沼代用水近くにラブミー農場を開き、以後そこに住んだ。

深沢七郎 ふかざわしちろう の画数・良運

天格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
代々、財産家か社会的信用、地位のある名誉職についている人が多く、男性を中心に繁栄してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
瞬間的判断の鋭さがあり、観察が細かく、自分にも他人にも妥協許さず、努力家、まじめです。毒舌で人を不幸にする事もあるので注意が必要です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
人からは、無口、とっつきにくい、こり性、用心深い、社交性に欠ける、心は純真者、気のよい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
おとなしくてまじめ、誠実、親切、控え目、礼儀正しい、年配者に可愛がられ結婚早く健康に恵まれて順調、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
深沢七郎 の画数・良運
福田仁志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
野村二郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
絵色千佳 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
高岩淡 天格 地格 総格 が同じです
深井史郎 人格 外格 総格 が同じです
角野直子 天格 地格 総格 が同じです
戸門一衛 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

深沢七郎

Page Top