二葉亭四迷(ふたばていしめい)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

二葉亭四迷(ふたばていしめい)プロフィール

小説家

二葉亭 四迷(ふたばてい しめい、男性、元治元年2月28日 (旧暦) 2月28日(1864年4月4日) - 1909年(明治42年)5月10日)は、日本の小説家、翻訳家。長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。江戸市ヶ谷生れ。東京外国語大学 東京外国語学校露語科中退。
坪内逍遥と交流を結び、その勧めで評論『小説総論』を発表。1887年から91年の間に出された写実主義小説『浮雲 (二葉亭四迷) 浮雲』は言文一致体で書かれ、日本の近代小説の先駆となった。また、ロシア文学の翻訳もよくし、イワン・ツルゲーネフ ツルゲーネフの「あひゞき」「めぐりあひ」は特に有名。自然主義作家へ大きな影響を与えた。

二葉亭四迷 ふたばていしめい の画数・良運

天格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
プライド高いようです。相互団結力が固く男性に傑物出ます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
外見は、体格が立派で、肥満気味の人が多いようです。年長者や実力者の協力、援助を得て成功していきます。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   37 吉   吉
現実的 才能 努力
社交家、年長者や成功者に可愛がられ成功。面倒見よい。心の裏表なし。信用絶大。合理精神に富む。旅行好き金運強、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
二葉亭四迷 の画数・良運
織田信正 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
織田信包 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
嵯峨春平 天格 地格 総格 が同じです
加藤哲夫 天格 地格 総格 が同じです
福島吉治 天格 地格 総格 が同じです
深水真紀子 人格 外格 総格 が同じです
井原今朝男 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

二葉亭四迷

Page Top