上野精(うえのつとむ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

上野精(うえのつとむ)プロフィール

弁護士

上野精一(うえのせいいち、1882年10月28日 - 1970年4月19日)は、元朝日新聞社社主。
1882年、朝日新聞創始者上野理一の長男として大阪に生まれる。東京帝国大学卒。村山龍平社長のもとに専務取締役、取締役会長を経て社長に就任。廃止されていた主筆制を復活させる。1946年、全国中等学校野球連盟(現日本高等学校野球連盟(高野連))設立、初代会長に就任。全国高等学校野球選手権大会を朝日新聞社主催とする。
1970年(昭和45)、88才で逝去。
息子は、元朝日新聞社社主上野淳一。
朝日新聞社の人物 うえのせいいち

上野精 うえのつとむ の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   25 吉   吉
個性 才能 強運
話し術が巧みで、しゃべると魅力、才能が光るます。頭の回転が速い倹約家です。企画力が抜群ですが、金儲けは下手です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
貧困に強く、人一倍努力し独自の才能発揮。金銭面豊かになると病難、配偶者、実子と離別。金銭トラブル、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天地同格(天地同画)
天格と地格が同数です。多くの流派で大凶とされています。
占いの結果をシェアしてみましょう!
上野精 の画数・良運
久野寧 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小野義一 天格 地格 外格 総格 が同じです
大野慎一 天格 地格 外格 総格 が同じです
中原秀臣 天格 地格 総格 が同じです
重田里志 天格 地格 総格 が同じです
佐伯康子 天格 地格 総格 が同じです
中原早苗 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

上野精

Page Top