上野彦馬(うえのひこま)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

上野彦馬(うえのひこま)プロフィール

幕末期の写真師

上野 彦馬(うえの ひこま、天保9年8月27日 (旧暦) 8月27日(1838年10月15日) - 1904年(明治37年)5月22日)は、幕末期から明治時代にかけて活躍した日本初の写真家として知られる人物。号は季渓。
1838年、長崎の蘭学者・上野俊之丞の次男として生まれた。広瀬淡窓の塾咸宜園で学び、その後の1858年にはオランダ軍医ポンペの舎密試験所に入り、化学を学んだ。このとき、湿板写真術に興味を示して、堀江鍬次郎らと共に蘭書を頼りにその技術を習得し、江戸に出て写真を撮影し、耳目を開いた。その後1862年故郷の長崎に「上野彦馬撮影局」を開業した。ちなみに、これは日本初の写真館であり、彦馬は日本初の写真家である。そして高杉晋作、坂本龍馬らの幕末有名人の肖像写真を撮影した。

上野彦馬 うえのひこま の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   13 吉   吉
円満 名声 人気
人からは、人なつこく笑顔が絶えない、頼まれるとイヤと言えないお人好し、誠心誠意を相手に尽くす人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   33 吉   吉
開運 勇気 成功
理想大きい、現実逃避、威圧的、発言、人をバカにしたような癖、頭は切れ、プライド高い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
上野彦馬 の画数・良運
多昌博志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
久野咲恵 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
夫馬泰彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
内原恭彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中島恵美 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
桜井龍子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大崎映晋 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

上野彦馬

Page Top