細川俊之(ほそかわとしゆき)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

細川俊之(ほそかわとしゆき)プロフィール

俳優

細川 俊之(ほそかわ としゆき、1940年12月15日 - )は、福岡県北九州市出身の日本の男優。血液型B型。活動屋所属。
山口県立豊浦高等学校卒業、学習院大学政経学部中退。俳優座養成所第13期生卒業。1963年、同期生の石立鉄男らと劇団文学座研究生となり、1971年まで文学座に在籍。
1967年、当時文学座の女優だった小川真由美と結婚するも、1973年に離婚。翌年、宝塚歌劇団卒業生と再婚。1995年に糖尿病で入院。この為、当時出演予定だった映画『ゴジラVSデストロイア』を降板するが、後に復帰を果たした。
独特の喋り方、特徴的な美声で多くのファンを魅了している。木の実ナナと共演したミュージカル『ショーガール』は15年間続いた。大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科演出コース教授でもある。

細川俊之 ほそかわとしゆき の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
神経質で直感が鋭く、手先が器用、霊感力が強い、目が美しいようです。衝動的行為や偏屈強情な所もあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
人からは、控え目、目立たず、オドオド人見知りをする、警戒心が強い、一度気を許すと一心に世話をやく人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
陰陽配合
姓名のすべての漢字が奇数です。多くの流派でとされています。
細川俊之 の画数・良運
乾久美子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
矢神久美 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
玉城千春 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
佐々木茂夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
高木京介 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
清川虹子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
高木東六 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

細川俊之

Page Top