舛田圭太(ますだけいた)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

舛田圭太(ますだけいた)プロフィール

バドミントン選手

舛田 圭太(ますだ けいた、1979年2月27日 - )は、日本の実業団バドミントン選手。所属はトナミ運輸バドミントン部。石川県出身。
1995年のインターハイ男子シングルスで全国大会初優勝(翌年も優勝し二連覇)。また同年の全日本総合選手権大会で、金沢市立工業高等学校時代は高校生として至上初めて男子シングルス決勝に進み、注目を集める。2年後の同大会で再度準優勝し、翌年1998年、ついに初優勝。さらに男子ダブルスも制し、二冠を達成する。男子シングルスは2002年まで五連覇(至上2人目)。2002年にはジャパンオープンで3位入賞という20年ぶりの快挙を成し遂げた。2000年のシドニー五輪に男子シングルス、2004年のアテネオリンピック (2004年) アテネオリンピックに男子ダブルスで日本代表として出場した。現在はダブルスに専念している。妹の舛田恵も実業団選手としてプレーしていた。

舛田圭太 ますだけいた の画数・良運

天格   11 吉   吉
幸運 富 地位
女系家族で、男性は絶える傾向にあり、養子を迎えて家名存続してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   11 吉   吉
幸運 富 地位
楽天家、陽気、笑顔がさわやかで、指導力があり、正義感が強く、世話好き、お人好しです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   10 凶   凶
多難 大凶
趣味や特技への傾倒度大きいです。収集癖があります。親との縁薄く、金銭の苦労が絶えません。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
常に人の先頭を行く。権力欲、征服欲強くグループの長として活躍。体力もあり晩年まで実力者、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天地連鎖
姓の最初の文字と名の最初の文字が同画です。凶現象を引き寄せるとされています。
舛田圭太 の画数・良運
庄司圭太 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
戸谷公次 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
坂井利之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山木戸克己 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大空あかね 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大日方邦子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小林すすむ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

舛田圭太

Page Top