南芳一(みなみよしかず)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

南芳一(みなみよしかず)プロフィール

将棋棋士

南 芳一(みなみ よしかず、1963年6月8日 - )は、日本の棋士 (将棋) 将棋棋士。大阪府岸和田市出身。木下晃七段門下。棋士番号147。
対局中、正座したままほとんど動かず、棋界一寡黙とも言われ、堅実で腰の重い棋風もあって石のお地蔵様と指しているようだとして「地蔵流」と呼ばれる。
王将戦・棋王戦といった冬に行われるタイトル (将棋) タイトル戦に強かったため「冬将軍」とも言われる。
その棋風や雰囲気から「リトル大山」と言われたこともある。
昭和55年に四段に昇段した「55年組」の一人。四段昇段後5年でA級入りしタイトル戦登場16回、獲得・防衛7回の実力者であるが、近年(特に羽生世代の台頭後)はやや不振である。

南芳一 みなみよしかず の画数・良運

天格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
頭がよく、教育者、学者が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
気位が高い野心家で、しかも徹底した努力家です。行動力、予知力、瞬間的判断力が抜群です。しかし、人を見る目は冷酷です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
親の言いつけ守り、孝心が厚いようです。それと、泣き虫で、度胸がなく、正義感が強く、食いしん坊で、手芸、音楽の才能があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   2 凶   凶
災難 別離 孤独
人からは、おとなしそうに見えて社交家、自分に都合の良い人ばかりとつき合う人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
責任感強く、正義感、意志が強い、初志貫徹、頑固、思いやり豊か、世話面倒見よい、短気、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
陰陽配合
姓名のすべての漢字が奇数です。多くの流派でとされています。
南芳一 の画数・良運
南尚 天格 地格 外格 総格 が同じです
柳卓 天格 地格 外格 総格 が同じです
畑和 天格 地格 外格 総格 が同じです
西山夘三 天格 地格 総格 が同じです
羽山伸一 天格 地格 総格 が同じです
デハラユキノリ 天格 地格 総格 が同じです
白木学 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

南芳一

Page Top