迎祐一郎(むかえゆういちろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

迎祐一郎(むかえゆういちろう)

プロ野球選手

迎 祐一郎(むかえ ゆういちろう、1981年12月22日 - )は佐賀県西松浦郡有田町出身のオリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(外野手)。
右投げ右打ち。身長180㌢、体重77㌔、血液型AB型。背番号46。
佐賀県立伊万里商業高等学校を経て1999年にオリックス・バファローズ オリックス・ブルーウェーブにドラフト会議 ドラフト3位で入団。高校通算42本塁打。
2004年に外野手のレギュラーである谷佳知、村松有人がアテネオリンピック (2004年) アテネオリンピックの野球日本代表で出場した際に出場機会が大幅に増えて44試合に出場したものの、2005年は前年末の大阪近鉄バファローズ 近鉄との球団合併のため、選手層が厚くなった事もあって7試合の出場に留まった。

迎祐一郎 むかえゆういちろう の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
気位が高い野心家で、しかも徹底した努力家です。行動力、予知力、瞬間的判断力が抜群です。しかし、人を見る目は冷酷です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
迎祐一郎 の画数・良運
坂信一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
さき望実 天格 地格 外格 総格 が同じです
川井貴志 天格 人格 地格 総格 が同じです
山内康典 天格 地格 外格 総格 が同じです
土方雄志 天格 人格 地格 総格 が同じです
井上順孝 天格 地格 外格 総格 が同じです
内山勝利 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

迎祐一郎

Page Top