森内俊之(もりうちとしゆき)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

森内俊之(もりうちとしゆき)

将棋棋士

森内 俊之(もりうち としゆき、1970年10月10日 - )は、日本の棋士_(将棋) 将棋棋士。棋士番号183。神奈川県横浜市出身。勝浦修九段門下。
母方の祖父は、故・京須行男八段(元日本将棋連盟理事・奨励会幹事)。強靭な受けに絶対の自信を持っており、ときに相手の攻めをわざと呼び込んでいるのではないかと思わせることさえある。通称は「優駿流」、「鉄板流」。
羽生善治と同年の生まれで「羽生世代」の代表的な強豪。羽生とは小学生時代からの好敵手、しかもチェスという趣味も同じだったが、プロになってからは長らくタイトル獲得の実績で大きく水をあけられた。その実力は周囲も認めるところだったので、森内が無冠であることは「将棋界の七不思議」の一つにさえ挙げられていた。しかし2002年、丸山忠久から名人戦_(将棋) 名人を奪取、ついに念願のタイトル獲得を果たす。翌2003年羽生に0-4のストレートで奪われるが、ここから豹変。その後羽生から竜王戦 竜王・王将戦 王将および名人を次々に奪って2004年6月11日に三冠王となる。特に竜王戦では全棋士中初めて羽生からストレートでタイトルを奪取した事で、名人挑戦を賭けた順位戦A級リーグでは史上初めて9戦全勝を上げ話題となった。その後三冠のうち竜王を渡辺明_(棋士) 渡辺明に、王将を羽生にそれぞれ翌年奪われ、2005年の名人戦は一冠で迎えることとなったが、同年6月24日、4-3のフルセットの末に挑戦者の羽生を破り、名人位防衛を果たした。(羽生の挑戦を退けたのは1995年の王将戦、2003年の王位戦での谷川浩司、2000年の竜王戦での藤井猛に次いで3人目となった。この名人戦の直後の棋聖戦_(将棋) 棋聖戦でも佐藤康光が羽生の挑戦を退け防衛を果たした。)2006年3月11日には羽生から棋王を奪い、現在二冠。

森内俊之 もりうちとしゆき の画数・良運

天格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
一代で財をなし没落してゆく運命を繰り返しています。浮沈の激しい家系です。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
人からは、社交上手、人の気をそらさぬ話術を持ち、人とまじめに付き合う、一度裏切られると自ら身を引く人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
貧困に強く、人一倍努力し独自の才能発揮。金銭面豊かになると病難、配偶者、実子と離別。金銭トラブル、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
森内俊之 の画数・良運
黒田茂夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
森中玲子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
吉原三郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
野田武夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
若松正志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
相良守次 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
遊井亮子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

森内俊之

Page Top