柳家つば女(やなぎやつばめ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

柳家つば女(やなぎやつばめ)プロフィール

落語家

柳家 つば女(やなぎや つばめ)は落語家の名跡。初代から5代目までは全部ひらがなの「つばめ」であったが、6代目は「女」の字をあてた。
6代目柳家 つば女(1938年8月26日 - 2004年6月12日、男性)は、山梨県南都留郡河口湖町(現:富士河口湖町)出身の落語家。落語協会所属であった。本名は渡辺虎夫。長男は落語家の柳家小きん。
武蔵野美術大学造形学部油絵学科中退後、落語家になった変り種。そのため落語だけでなく絵画でも才能を発揮しており、彼が描いた絵は高い評価を受けていた。
小きん時代の1967年に開催された笑点(日本テレビ)での第一回若手大喜利に出演しており、1969年に番組の司会が立川談志から前田武彦に交替した際に、レギュラーメンバーに抜擢された。大喜利でオレンジの着物を着用した人物は彼が最初である。以後、1972年に林家こん平と交替するまでレギュラーを務めた。

柳家つば女 やなぎやつばめ の画数・良運

天格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
武将運があり、戦時下で活躍してきました、平和時は、教育者、指導者にむいています。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   11 吉   吉
幸運 富 地位
楽天家、陽気、笑顔がさわやかで、指導力があり、正義感が強く、世話好き、お人好しです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   10 凶   凶
多難 大凶
趣味や特技への傾倒度大きいです。収集癖があります。親との縁薄く、金銭の苦労が絶えません。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
人からは、艶福家、色難浮気者というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
おとなしくてまじめ、誠実、親切、控え目、礼儀正しい、年配者に可愛がられ結婚早く健康に恵まれて順調、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
柳家つば女 の画数・良運
鳥居かほり 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
清松みゆき 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
巻島一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
浅倉つばさ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
榎本芝水 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
菊岡久利 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
鳥居みゆき 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

柳家つば女

Page Top