山崎裕之(やまざきひろゆき)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

山崎裕之(やまざきひろゆき)

野球解説者

山崎 裕之(やまざき ひろゆき、1946年12月22日 - )は、埼玉県上尾市出身のプロ野球選手。背番号は生涯2番だった。
埼玉県立上尾高等学校から1965年、千葉ロッテマリーンズ 東京オリオンズに入団。高校時代から堅実な守備には定評があり「長嶋茂雄 長嶋二世」と呼ばれた。当時はドラフト会議 ドラフト制度が無かったため各球団で競合となった。当時としては、破格の契約金5000万円といわれている。この破格さが翌年以降のドラフト会議成立の原因と言われた。1年目で頭角を現し1967年に遊撃手としてレギュラーに定着。1969年に二塁手転向。1979年西武ライオンズに移籍。1983年には自己最高の82打点をあげ優勝に貢献した。同年2000本安打達成。1984年引退。タイトルには縁が無かったが堅実なプレーで打線を支えた。20本塁打以上を4度記録、通算270本塁打と長打力もあった。現在は野球解説者、野球評論家。名球会会員で監督、コーチ未経験は異例だが家族の傍にいたいと言うのが理由だそうである。

山崎裕之 やまざきひろゆき の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
気位が高く、夢が大きい野心家です。そして、まじめな努力家ですが、他人を軽蔑しやすい所があります。女性は男性をバカにしやすいようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
人からは、ファイト満まん、頭の回転が速い、プライドが高い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
おとなしくてまじめ、誠実、親切、控え目、礼儀正しい、年配者に可愛がられ結婚早く健康に恵まれて順調、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
山崎裕之 の画数・良運
小野智子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山崎敬之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
氏家幹人 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
千野帽子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
川崎堅三 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山崎智久 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山崎博子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

山崎裕之

Page Top