山下敬吾(やましたけいご)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

山下敬吾(やましたけいご)

囲碁棋士

山下 敬吾(やました けいご、1978年9月6日 - )は、囲碁のプロ棋士 (囲碁) 棋士。北海道旭川市出身。日本棋院所属。緑星学園出身。
深い読みに裏打ちされた好戦的な棋風で、接近戦を得意とする。羽根直樹、張栩、高尾紳路らとともに「若手四天王」と称される(近年では4人が若手の実力者にとどまらない活躍をしているため、単に「四天王」とも)。
1986年、小学校2年生の時に少年少女囲碁名人戦、小学生の部で優勝し小学生名人となる。このときの決勝の相手はのちに同じくプロとなる高尾紳路であった。この優勝の翌年上京しアマ名人菊池康郎の主宰する緑星学園に入学する。
かつては初手天元、5の五など意欲的な手を打つことも多かったが、トッププロとなってからはそのような大胆な布石はあまり見られない。各棋戦で安定した実力を発揮しているがまだタイトルの防衛経験はなく、長期安定政権を築けるかどうかが今後の課題となる。

山下敬吾(やましたけいご) 最近の話題

白番中押し勝ちで先勝

囲碁の第37期名人戦七番勝負の第1局が8月30日、31日の両日、東京都文京区の椿山荘で行われ、白番の山下敬吾名人(33)が挑戦者の羽根直樹九段(36)に178手までで白番中押し勝ちし、先勝した。第2局は9月20日、21日の両日、北海道上川町で行われる。

2012年9月1日

山下敬吾 やましたけいご の画数・良運

天格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
頭が良く代々名誉職についてきました。ピンチに強く、男性を中心に繁栄します。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
控え目でおとなしく、思いやり深いです。人を見る目は厳しく、ズバズバと思い切ったことを言いいますが憎めない人のよさがあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   25 吉   吉
個性 才能 強運
合理精神、ムダを嫌う。質実剛健なのに愚痴多く、金銭トラブルが、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
山下敬吾 の画数・良運
山下勝利 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小山富士夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
上川敦志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山口富男 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山口道孝 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
辻恭彦 天格 地格 外格 総格 が同じです
大川隆法 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

山下敬吾

Page Top