山室静(やまむろしずか)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

山室静(やまむろしずか)プロフィール

文芸評論家

山室 静(やまむろ しずか、1906年(明治39年)12月15日 - 2000年(平成12年)3月23日)は、日本の文芸評論家・翻訳家。
鳥取県鳥取市出身。7歳から父母の郷里である長野県佐久市岩村田で育ち、旧制野沢中学(現野沢北高校)卒業後、代用教員などを務め、阿部次郎を慕って東北大学法文学部(現文学部)美学科に入学、卒業。
戦後、埴谷雄高、小田切秀雄、本多秋五らとともに雑誌『近代文学』を創刊。
『アンデルセンの生涯』で毎日出版文化賞受賞。北欧文学・神話についての数々の著作やハンス・クリスチャン・アンデルセン、アストリッド・リンドグレーン、トーベ・ヤンソンなど北欧の児童文学作家の翻訳書を多く残した。また、アイスランドを訪問して同国のノーベル賞作家ハルドル・ラクスネスと会見したこともあり、彼の作品の翻訳も試みた。エッダやサガなどのアイスランド古典文学の日本への紹介の先駆者である。そのほか、森鴎外、島崎藤村、宮沢賢治、タゴールの研究でも知られる。日本女子大学名誉教授。1972年版「世界大百科事典」の関連項目をも執筆。

山室静 やまむろしずか の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
気位が高く、夢が大きい野心家です。そして、まじめな努力家ですが、他人を軽蔑しやすい所があります。女性は男性をバカにしやすいようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
山室静 の画数・良運
上重聡 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
堤康久 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大城肇 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
久保雅一 天格 地格 外格 総格 が同じです
小森隆 人格 外格 総格 が同じです
小山騰 人格 外格 総格 が同じです
大屋秀作 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

山室静

Page Top