山本文男(やまもとふみお)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

山本文男(やまもとふみお)プロフィール

福岡県添田町長

山本文男(やまもと ふみお、1937年9月20日 - )は、広島県広島市観音(現西区_(広島市) 西区観音)出身のプロ野球選手、プロ野球審判員で、元セントラル・リーグ審判部長。審判員袖番号は28(1988年初採用から1996年引退まで、2001年以降牧田匡平がつけている。)。
戦時中の疎開のため広島市の観音中学を17歳と遅れて卒業後、広島県立広島商業高等学校 広島商業進学予定であったが、広島東洋カープ 広島カープ入団テストに合格してプロ入りした。中学生プロと話題になった。1年目の1955年に打撃投手の傍ら7試合に登板して2勝2敗、防御率2.74の成績を残すが、肩を痛め3年目に退団。球団職員を経て、1962年にセ・リーグ審判部に入局した。以後看板審判の一人として活躍し、1990年にベテラン審判一斉引退を受け、副部長の座を経ずして第三代審判部長に就任した(※ 入局から引退まで関西審判部所属だったため同所属としては初で現在の所唯一。)。

山本文男 やまもとふみお の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
瞬間的判断の鋭さがあり、観察が細かく、自分にも他人にも妥協許さず、努力家、まじめです。毒舌で人を不幸にする事もあるので注意が必要です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
19才までは運動選手として活躍。それ以後男性は気弱、独断専行。女性は職業婦人として活躍、離婚運あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
山本文男 の画数・良運
山田方谷 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
又吉千幸 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本おさむ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山田五良 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本たかお 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山田ふしぎ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
林二郎 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

山本文男

Page Top