結城聡(ゆうきさとし)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

結城聡(ゆうきさとし)プロフィール

棋士

結城 聡(ゆうき さとし、昭和47年(1972年)2月11日 -)は、囲碁の棋士 (囲碁) 棋士。兵庫県出身、関西棋院所属、佐藤直男九段門下、九段。早碁選手権戦、鶴聖戦優勝、棋聖 (囲碁) 棋聖戦挑戦など、同時代の関西棋院の棋士の中では突出した成績を挙げ、関西棋院最優秀棋士賞7回。石の働きを追求する戦闘的な棋風で「武闘派」と呼ばれる。
8歳で父から囲碁を習い、アマチュア強豪の西村修の教えを受ける。その後、佐藤直男九段の子供囲碁教室に入り「将来名人になる」と言われ、小学4年の時に少年少女囲碁名人戦の小学生の部で7位、翌年3位となり、関西棋院院生となる。1984年12歳で入段。藤沢秀行の研究会にも参加し、坊主頭だったため「少林寺」という綽名を付けられる。

結城聡 ゆうきさとし の画数・良運

天格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
代々地方の指導者となって名誉を得てきました。男性は父親と離別後頭領運を発揮します。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
気位が高く、夢が大きい野心家です。そして、まじめな努力家ですが、他人を軽蔑しやすい所があります。女性は男性をバカにしやすいようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   13 吉   吉
円満 名声 人気
人からは、人なつこく笑顔が絶えない、頼まれるとイヤと言えないお人好し、誠心誠意を相手に尽くす人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   35 吉   吉
温厚 人望 安定
まじめな努力家、人と争うのが苦手。独自の生活方針を立て、先見性、アイデアの良さでチャンスつかむ。目立たないが頭良い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
結城聡 の画数・良運
竹縄英行 天格 人格 地格 総格 が同じです
島崎雪子 天格 地格 外格 総格 が同じです
倉野章子 天格 地格 外格 総格 が同じです
財部鳥子 天格 地格 外格 総格 が同じです
柘植恵水 天格 地格 外格 総格 が同じです
笹島勝人 天格 地格 外格 総格 が同じです
浜崎達也 天格 人格 外格 が同じです
[もっと見る...]

結城聡

Page Top