横溝正史(よこみぞせいし)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

横溝正史(よこみぞせいし)

小説家

横溝 正史(よこみぞ せいし、1902年5月24日 - 1981年12月28日)は日本の小説家、推理作家。本名は同字で「よこみぞ まさし」。兵庫県神戸市中央区東川崎町生まれ。金田一耕助を探偵役とする一連の探偵小説で有名である。また薬剤師免許を持っていた。
1902年(明治35年)5月24日、兵庫県神戸市東川崎に父・宜一郎、母・波摩の三男として生まれる。父の郷里は岡山。
1920年(大正9年)3月神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)を卒業、第一銀行神戸支店に勤務。
1921年、雑誌『新青年』の懸賞に応募した『恐ろしき四月馬鹿』が入選作となる。これが処女作とみなされている。
1924年、大阪薬学専門学校(大阪大学薬学部の母体)卒業後、一旦薬剤師として実家の生薬屋「春秋堂」に従事していたが、1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館に入社する。1927年に『新青年』の編集長に就任、その後も『文芸倶楽部』、『探偵小説』等の編集長を務めながら創作や翻訳活動を継続したが、1932年に同誌が廃刊となったことにより同社を退社して専業作家となる。

横溝正史 よこみぞせいし の画数・良運

天格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
武家の家系で、代々御意見番、指南役でした。運動神経抜群です。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
平和主義者で、計画性や、他人との協調性があり、精神物質両面で常に余裕があり、金持ちけんかせずの典型人です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   10 凶   凶
多難 大凶
趣味や特技への傾倒度大きいです。収集癖があります。親との縁薄く、金銭の苦労が絶えません。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
人からは、無口、とっつきにくい、こり性、用心深い、社交性に欠ける、心は純真者、気のよい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   38 半吉   半吉
才能 挫折
人の技術や極秘のポイントを盗みとり自分のものにする。独創性豊か。金運強い、扶養義務も平気でやってのける、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
横溝正史 の画数・良運
藤島武人 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
磯野克巳 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
藤島武二 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
藤原和人 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
片桐直樹 人格 外格 総格 が同じです
阿部利雄 人格 外格 総格 が同じです
藤原公任 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

横溝正史

Page Top