吉田富三(よしだとみぞう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

吉田富三(よしだとみぞう)プロフィール

病理学者

吉田富三(よしだとみぞう、1903年2月10日 - 1973年4月27日)は、病理学者。福島県石川郡 (福島県) 石川郡浅川村(現・浅川町)生まれ。
東北大学、東京大学の教授、癌研究会癌研究所所長、佐々木研究所長等を歴任。1936年に佐々木隆興と共同発表した「肝臓癌生成の実験的研究」で一度目の学士院恩賜賞受賞。更に1953年に鼠の腹水癌「吉田肉腫」の発見で、二度目の学士院恩賜賞受賞。癌研究の他にも医療問題、国語問題にも発言をする。1959年文化勲章受賞。
日本の病理学者 よしたとみそう
1903年生 よしたとみそう
1973年没 よしたとみそう

吉田富三 よしだとみぞう の画数・良運

天格   11 吉   吉
幸運 富 地位
女系家族で、男性は絶える傾向にあり、養子を迎えて家名存続してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
まじめで、情熱家、意志強く不正を嫌います。努力家であり、信念が強く、口は悪くとも心は純です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
人からは、目付きがきつい、人見知りをする、一度気を許すとトコトン付き合う人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
吉田富三 の画数・良運
内村航平 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
池田雄大 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中村泰広 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
多田尋子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
木村剛司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
池田貴子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
吉田雄大 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

吉田富三

Page Top