四家文子(よつやふみこ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

四家文子(よつやふみこ)

アルト歌手

四家文子(よつやふみこ 1906年‐1981年7月16日)は昭和期の歌手、声楽家。
東京出身。東京都立駒場高等学校 東京府立第三高女を経て、東京音楽学校を首席で卒業後、「不壊の白珠」で歌手デビューする。とはいえ、四家が契約したビクターは当時、「波浮の港」「東京行進曲」「愛して頂戴」「紅屋の娘」などのヒット曲を連発していた佐藤千夜子がトップ歌手だったので、四家のデビューは小さいものだった。それに四家自身は「音楽学校卒業者があまり低俗にはしるのもよくない」として藤野豊子という変名もしていた。しかし、佐藤が周囲の反対を押し切り、渡欧してしまうと、佐藤の吹き込みが予定されていた曲が四家に回ってくることになった。これが運のつきで、この「銀座の柳」は大ヒットとなった。この曲は関東大震災で焼失した銀座の柳が、佐藤の歌った「東京行進曲」で復活したのを記念する歌だった。歌詞に「昭和」と出てくることから、昭和7年当時はまだ「昭和」の元号が新鮮だったことが伺える。その後も次々とヒット曲を連発、太平洋戦争勃発後は軍歌、戦時歌謡を多く歌ったほか、昭和18年には日本人最初のルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン ベートーヴェン「交響曲第9番 (ベートーヴェン) 第九」の録音(第4楽章のみ。尾崎喜八訳。橋本國彦指揮・東京フィルハーモニー交響楽団 東京交響楽団)にも参加している。

四家文子 よつやふみこ の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   7 吉   吉
強い意志 独立心
芸事が得意で、義理人情に厚く、口は悪いが温かい心の持ち主。肉親の絆が強く団結心あります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
人からは、いつもニコニコしている、自分にとって敵か味方かの判別が早い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
気の強い人、思い通りにならぬと怒り出す。ひたむきな努力で初志貫徹、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
四家文子 の画数・良運
方條ゆとり 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大塚ひな 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
千葉ひろみ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大塚ひかり 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
水都あくあ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
市原友子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岩村忍 天格 人格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

四家文子

Page Top