米倉斉加年(よねくらまさかね)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

米倉斉加年(よねくらまさかね)プロフィール

俳優

米倉 斉加年(よねくら まさかね、1934年7月10日 - )は、俳優、演出家、絵本作家、絵師。
福岡県福岡市出身。本名、米倉正扶三(まさふみ)。福岡県立福岡中央高等学校でバスケットボール部の主将だった。西南学院大学文学部英文科在学中に演劇に目覚め、大学を中退して1957年劇団民藝入団、俳優としてだけでなく演出家としても活躍、2000年退団。著書『おとなになれなかった弟たちに…』は中学1年の国語教科書に採用されている。第1回紀伊国屋演劇賞、第11回「新劇」演技賞。
平和主義者であり、当初は日本社会党支持者として知られていた。しかしその後の社会党の右傾化に失望し、日本共産党支持へと変わる。

米倉斉加年 よねくらまさかね の画数・良運

天格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
一代で財をなし没落してゆく運命を繰り返しています。浮沈の激しい家系です。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
平和主義者で、計画性や、他人との協調性があり、精神物質両面で常に余裕があり、金持ちけんかせずの典型人です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
人からは、人を見る目が厳しい、自分に好都合の人を選ぶのがうまい、閥を作る人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   35 吉   吉
温厚 人望 安定
まじめな努力家、人と争うのが苦手。独自の生活方針を立て、先見性、アイデアの良さでチャンスつかむ。目立たないが頭良い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天天地地・精神連鎖
姓の最初の文字と名の最後の文字が同画です。精神的に不安定になることが多いとされています。
米倉斉加年 の画数・良運
冷泉為恭 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
若林倫香 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
本郷秀雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
野田暉行 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松岡高信 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
宮寺勝利 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松岡浩彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

米倉斉加年

Page Top