遠藤周作(えんどうしゅうさく)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

遠藤周作(えんどうしゅうさく)プロフィール

作家

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、男性、1923年3月27日 - 1996年9月29日)は、日本の小説家。東京生れ。慶應義塾大学仏文科卒。
12歳でカトリック教会 カトリックの洗礼を受ける。1950年フランスへ留学。帰国後発表した『白い人』で芥川龍之介賞 芥川賞。1958年『海と毒薬』で新潮社文学賞・毎日出版文化賞、『沈黙』で谷崎潤一郎賞など。キリスト教に関する作品を多く執筆。海外での受賞も多かった。「狐狸庵山人(こりあんさんじん)」の名で書いたユーモアのある作品もある。
東京市巣鴨区(東京都豊島区)に鳥取県士族である遠藤常久と郁の次男として生まれる。父は鳥取県東伯郡三朝町出身で東京大学法学部卒の銀行員。母は東京音楽学校でヴァイオリンをモギレフスキーに師事。3歳のときに父の転勤で旧満州の大連に移る。大連市大広場小学校入学するも、10歳のとき父母の離婚によって母とともに帰国し、神戸市の六甲小学校に転校する。

遠藤周作 えんどうしゅうさく の画数・良運

天格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
町長や村長などリーダーとして活躍する名誉運があり、商人の血を受継いでいます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
人の心の動きや状況変化を的確に把握します。神経質で、頭が良く義理人情厚く閥を作ります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
人からは、無口、とっつきにくい、こり性、用心深い、社交性に欠ける、心は純真者、気のよい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   46 凶   凶
急転 明暗 苦労
土壇場でずっこける。チャンスつかんでも急病などの障害で放棄。争い警察問題に注意、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
遠藤周作 の画数・良運
諸積兼司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
遠藤和良 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
遠藤幸佑 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
遠藤海成 天格 地格 総格 が同じです
廣澤杜於 天格 地格 総格 が同じです
鵜飼信成 天格 地格 総格 が同じです
遠藤博也 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

遠藤周作

Page Top