若尾文子(わかおあやこ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

若尾文子(わかおあやこ)プロフィール

女優

若尾 文子(わかお あやこ、1933年11月8日 - )は、日本の俳優 女優。
東京生まれ。大戦中、仙台市に疎開(1944年仙台市立連坊小路小学校卒)。帰京後の1951年、大映の第5期ニューフェースとして映画界入り。1952年、小石栄一監督『死の町を脱れて』で映画デビュー。1953年、『十代の性典』シリーズで庶民的な人気を獲得。『祇園囃子』(1953年)、『赤線地帯』(1956年)で溝口健二監督に起用され、本格派女優の第一歩を踏み出す。以降、京マチ子・山本富士子らと並ぶ、大映の看板女優として、日本映画史を飾る大女優として、川島雄三、増村保造、市川崑など、数々の名監督と後世に残る作品を創出。160本以上の映画に出演した。特に増村保造とは、監督第2作『青空娘』以降、『清作の妻』『妻は告白する』『赤い天使』『「女の小箱」より 夫が見た』『刺青』『卍』など、20作にわたってコンビを組み、多くの傑作を残した。1970年の『雪国』で舞台進出以降は、舞台および、武田信玄 (NHK大河ドラマ)や御宿かわせみなどのテレビドラマを中心に活動している。

若尾文子 わかおあやこ の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   11 吉   吉
幸運 富 地位
楽天家、陽気、笑顔がさわやかで、指導力があり、正義感が強く、世話好き、お人好しです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   7 吉   吉
強い意志 独立心
芸事が得意で、義理人情に厚く、口は悪いが温かい心の持ち主。肉親の絆が強く団結心あります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
気の強い人、思い通りにならぬと怒り出す。ひたむきな努力で初志貫徹、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
若尾文子 の画数・良運
柴田圭一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
真田圭一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
南辻史人 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
島田ばく 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松尾弌之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
田島一成 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
音成正人 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

若尾文子

Page Top