渡辺省三(わたなべしょうぞう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

渡辺省三(わたなべしょうぞう)プロフィール

レナウン社長

渡辺 省三(わたなべ しょうぞう、1933年2月26日-1998年8月31日)は、愛媛県越智郡宮浦村出身のプロ野球選手(投手)、投手コーチ、スカウト。右投げ右打ち。
6歳のとき軍属として徴用された父とともに朝鮮に渡り平壌工へ。終戦後に帰国し、西条中(旧制)へ入学、野球を始める。その後は倉敷レーヨン西条に入社、軟式野球をやっていたが、1951年10月に阪神タイガースの入団テストを受け、合格する。2年目の1953年、コントロールの良さを買われてキャンプに打撃投手として帯同し、紅白戦でエース・梶岡忠義の右手甲に死球を与えてしまう。オープン戦で梶岡の代役として投げたところ好結果を出し、一軍に昇格した。同年4月3日の横浜ベイスターズ 洋松戦で初登板を飾ると、5月13日の洋松戦で初勝利。10勝11敗の成績を残すと、以降は1958年まで6年連続で二桁勝利を挙げるなど、チームに欠かせない戦力となり、特に1956年には22勝、防御率1.45で最優秀防御率のタイトルに輝き、1958年には開幕投手を務めた。球速は全くないものの、打者心理を読む投球術と抜群の制球で相手を幻惑させ、後にエースになった小山正明や村山実に影響を与えた。小山は「ピッチングにはコントロールが一番大切だと教わった」と語り、「投げる精密機械」と呼ばれるほどのコントロールを身につけた。村山は「ピッチングは力だけやないことを省さんに教わった」と言い、エースとして2度の優勝に貢献した。また、「省やんボール」と呼ばれる上方からベース上へ落とす超スローボール(どうやらナックルボールだったらしい)を何度か投げ、話題になった。自身は「スロー球種 (野球)#変化球 カーブのように言われたけど握りからいってもスローナックルで、おそらく時速は50キロぐらいだったと思う」と語っていた。

渡辺省三 わたなべしょうぞう の画数・良運

天格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
武家、大商人、教育者など財力、名誉の両方に恵まれたものが多く繁栄力があり、芸事にすぐれているようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
人からは、社交上手、人の気をそらさぬ話術を持ち、人とまじめに付き合う、一度裏切られると自ら身を引く人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
おとなしくてまじめ、誠実、親切、控え目、礼儀正しい、年配者に可愛がられ結婚早く健康に恵まれて順調、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
渡辺省三 の画数・良運
富田玲子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
久保田信之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
新井哲二 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
椋本彦之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
倉阪秀史 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
鈴木修二 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
渡辺紀子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

渡辺省三

Page Top