大栗裕(おおぐりひろし)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大栗裕(おおぐりひろし)プロフィール

作曲家

大栗 裕(おおぐり ひろし、1918年7月9日 - 1982年4月18日)は、日本のクラシック音楽の作曲家。
大阪市出身。高校からホルンを演奏しながら独学で作曲を学ぶ。1941年、当時の東京交響楽団のホルン奏者となり、いくつかのオーケストラを移動した後、朝比奈隆の招きで関西交響楽団(のち大阪フィルハーモニー交響楽団と改称)に入団。
1955年、オペラ『赤い陣羽織』で作曲家として出る。同年に作曲した『大阪俗謡による幻想曲』がベルリンフィルハーモニー管弦楽団で演奏され、世界に知られるところとなる。
その作風は「東洋のバルトーク・ベーラ バルトーク」と呼ばれている。京都女子大学教授、大阪音楽大学講師。作品のスコアの大部分は大阪音楽大学図書館大栗文庫に収められている。

大栗裕 おおぐりひろし の画数・良運

天格   13 吉   吉
円満 名声 人気
女系家族で、祖母、母、嫁が実権を握って栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
失敗や貧困を人一倍恥と考え、気位高い性格です。清潔好きで、見栄っぱり、まじめな努力家です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   25 吉   吉
個性 才能 強運
合理精神、ムダを嫌う。質実剛健なのに愚痴多く、金銭トラブルが、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
大栗裕 の画数・良運
三浦葵 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小島智 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
川原貴 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
源重之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三浦貴 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大宮登 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三浦惺 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大栗裕

Page Top