大古誠司(おおこせいじ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大古誠司(おおこせいじ)

元・バレーボール監督

大古 誠司(おおこ せいじ、1948年2月15日 - )は、神奈川県川崎市出身の元バレーボール選手一覧 日本男子バレーボール代表選手、元日本男子代表監督。甥は元サッカー選手一覧 プロサッカー選手の水内猛。
1967年日本鋼管に入社。
現役時代はバレーボール全日本男子 全日本のアタッカーとして活躍し、「世界の大砲」と呼ばれた。3大会連続でオリンピックに出場し、1968年メキシコ五輪銀メダル、1972年ミュンヘン五輪金メダル、1976年モントリオール五輪4位という結果を残した。
1991年に全日本男子監督に就任。1992年バルセロナ五輪ではチームを入賞へと導いた。
2004年、日本人としては1998年の松平康隆、2000年の大松博文(故人)、白井貴子 (バレーボール) 白井(現姓:高木)貴子、2003年の森田淳悟に次いで5人目のバレーボール殿堂入りを果たした。

大古誠司 おおこせいじ の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
平和主義者で、計画性や、他人との協調性があり、精神物質両面で常に余裕があり、金持ちけんかせずの典型人です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
人一倍勤勉の努力家です。親の信頼は絶大です。頭も良く、周囲の期待を裏切りません。女性は内助の功、内向性、病難が有ります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
人からは、いつもニコニコしている、自分にとって敵か味方かの判別が早い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
大古誠司 の画数・良運
千田義正 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本豊市 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本雅弘 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本雅史 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
矢川澄子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三田誠広 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
一見理沙 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大古誠司

Page Top