大河内傳次郎(おおこうちでんじろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大河内傳次郎(おおこうちでんじろう)

映画俳優

大河内傳次郎(大河内伝次郎、おおこうちでんじろう、本名・大辺男(おおべますお)、1898年2月5日-1962年7月18日)は、大正・昭和期の俳優。戦前から活躍した時代劇スターである。特に、当たり役の「丹下左膳」の名せりふ、「シェーハタンゲ、ナハシャゼン」は多くの芸人に物まねされるなどあまりにも有名。
福岡県築上郡岩屋村(豊前市)大河内に、医者の息子として生まれる。実業家を目指し、大阪に出て、大阪商業学校(現・大商学園高等学校)を卒業後、兄の会社に入るが、関東大震災の影響で会社が倒産してしまう。
その後、劇作家を目指し、大阪府堺市にあった倉橋仙太郎主宰の新民衆劇学校を経て、「第二新国劇」に入る。そこで「室町次郎」の芸名で舞台に立つ。澤田正二郎を敬愛する彼は、映画でその流儀を試みようと、連合映画芸術家協会に入る。

大河内傳次郎 おおこうちでんじろう の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
まじめで、情熱家、意志強く不正を嫌います。努力家であり、信念が強く、口は悪くとも心は純です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
親子の縁うすいようです。貧困や病気に悩まされます。スポーツは天才的です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
人からは、批判精神が強く社交下手、人見知りをする、おしゃれ、打ち解けず親友が少ない、謀略家で機知にたける人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   43 凶   凶
浪費 非現実
常に前向き、妥協せず願望成就。口は悪いが心は純真で感激屋、よきライバルいれば大成功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
大河内傳次郎 の画数・良運
骨皮道賢 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
清水義範 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
宮田統樹 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山﨑雄樹 天格 地格 総格 が同じです
豊田勝業 人格 外格 総格 が同じです
赤松範資 天格 地格 総格 が同じです
藤沢晃治 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大河内傳次郎

Page Top