大下剛史(おおしたつよし)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大下剛史(おおしたつよし)プロフィール

野球解説者

大下 剛史(おおした つよし、1944年11月29日 - )は、広島県安芸郡 (広島県) 安芸郡海田町出身のプロ野球選手、野球解説者である。
広島県立広島商業高等学校から駒澤大学を経て、1967年ドラフト会議 ドラフト2位で北海道日本ハムファイターズ 東映フライヤーズに入団。1年目から遊撃手のレギュラーに定着。133試合に出場し、打率.269、28盗塁という成績でベストナインを獲得。171cm、56kgとプロ選手とは思えないほど華奢な体型であるが、根っからの熱血漢で張本勲、大杉勝男、白仁天らと共に暴れん坊軍団のチームの不動の主軸として活躍した。
1974年シーズンオフ、広島東洋カープ新監督に就任したジョー・ルーツ監督の、センターライン重視と強力なチームリーダーが欲しいとの方針で、上垣内誠・渋谷通両選手とのトレードで地元広島東洋カープに移籍。

大下剛史 おおしたつよし の画数・良運

天格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
頭が良く代々名誉職についてきました。ピンチに強く、男性を中心に繁栄します。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
人からは、いつもニコニコしている、自分にとって敵か味方かの判別が早い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
常に人の先頭を行く。権力欲、征服欲強くグループの長として活躍。体力もあり晩年まで実力者、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
大下剛史 の画数・良運
小山泰生 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山下晋司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
下川真矢 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山下哲平 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山口敏弘 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山下訓広 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小川悦司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大下剛史

Page Top