大南正瑛(おおなみまさてる)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大南正瑛(おおなみまさてる)プロフィール

立命館大総長

大南 正瑛(おおなみ まさてる、1931年 - )は、日本の研究者(工学博士)。京都府生まれ。立命館理事・前総長。
社団法人日本私立大学連盟常務理事、文部科学省大学設置・学校法人審議会常任委員、大学入試センター運営委員、財団法人大学コンソーシアム京都副理事長、文部科学省大学設置分科会運営委員、同省中央教育審議会専門委員、同省大学評価・学位授与機構評議員を歴任。
1954年 1954(昭和29)年、立命館大学理工学部機械工学科卒業
1955年 1955(昭和30)年、京都大学助手
1960年 1960(昭和35)年、工学博士号取得(京都大学)
1961年 1961(昭和36)年、立命館大学助教授
1967年 1967(昭和42)年、立命館大学教授

大南正瑛 おおなみまさてる の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
芸事の名人で、踊り、楽器、演奏、話術が巧みで、サービス精神が旺盛です。親子関係は争いが多いのに仲良く血族意識が強いです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
人からは、社交上手、人の気をそらさぬ話術を持ち、人とまじめに付き合う、一度裏切られると自ら身を引く人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
おとなしくてまじめ、誠実、親切、控え目、礼儀正しい、年配者に可愛がられ結婚早く健康に恵まれて順調、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
大南正瑛 の画数・良運
有吉和哉 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
河内浩志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
坂本祐祈 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
長井泰秀 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
足立紀尚 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松中修身 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
久保市三郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大南正瑛

Page Top