大宅壮一(おおやそういち)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大宅壮一(おおやそういち)プロフィール

大正・昭和期の評論家

大宅 壮一(おおや そういち、1900年9月13日 - 1970年11月22日)は、戦後の日本を代表するマスコミ人、ジャーナリスト。毒舌の評論家として有名。
大阪府高槻市の醤油屋出身。18歳の時、米騒動に際して民衆蜂起を支持する演説をおこない、旧制茨木中学(現大阪府立茨木高等学校)を放校処分となる。専検(旧制高等学校入学資格検定)に合格して、第三高等学校に入学・卒業し、東京帝国大学文学部社会学科中退。
太平洋戦争(大東亜戦争)中の1941年(昭和16年)には海軍宣伝班としてジャワ作戦に配属された。その際、同じ班には詩人の大木惇夫や漫画家の横山隆一がいた。その後、大木はこの時の経験を基に詩集「海原にありて歌へる」を出版し、その際に大宅が跋文を書いているが、その中で「戦争といふものは実に素晴らしい文化的啓蒙者である。」と言い放っている。

大宅壮一 おおやそういち の画数・良運

天格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
頭がよく、教育者、学者が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
神経質で直感が鋭く、手先が器用、霊感力が強い、目が美しいようです。衝動的行為や偏屈強情な所もあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   7 吉   吉
強い意志 独立心
芸事が得意で、義理人情に厚く、口は悪いが温かい心の持ち主。肉親の絆が強く団結心あります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
自己中心、ガムシャラな行動、女性は職業婦人に、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
大宅壮一 の画数・良運
水本完 天格 人格 地格 総格 が同じです
三好甫 天格 地格 外格 総格 が同じです
小西宏 天格 地格 外格 総格 が同じです
星ようこ 天格 人格 地格 総格 が同じです
前久夫 天格 人格 地格 総格 が同じです
片平孝 天格 人格 地格 総格 が同じです
今田束 天格 人格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大宅壮一

Page Top