岡崎乾二郎(おかざきけんじろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

岡崎乾二郎(おかざきけんじろう)

造形作家

岡崎乾二郎(おかざきけんじろう,1955年10月24日)は造形作家・批評家である。
東京生まれ。父親は建築家、母親は発明家。四人兄弟。多摩美術大学彫刻科中退。Bゼミスクール修了。近畿大学国際人文科学研究所教授。
8ミリ映画「回想のヴィトゲンシュタイン」
雑誌「FRAME」(第1~3号)編集執筆
コンピュータ・アート・ワーク「Random Accident Memory」
「灰塚アースワーク・プロジェクト」企画制作
「ヴェネチア・ビエンナーレ第8回建築展」日本館ディレクター(コミッショナー:磯崎新、テーマ:「漢字文化圏における建築言語の生成」)
近自然公園「日回り舞台」
『和英対峙 現代美術演習』共著,1989,現代企画室

岡崎乾二郎 おかざきけんじろう の画数・良運

天格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
武将運があり、戦時下で活躍してきました、平和時は、教育者、指導者にむいています。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
失敗や貧困を人一倍恥と考え、気位高い性格です。清潔好きで、見栄っぱり、まじめな努力家です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
美男美女が多く、音楽や芸術の能力を発揮します。料理、ファッションの工夫も一流です。子供にはスパルタ教育をします。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
人からは、周囲の人の影響で気苦労が多い、頭がよい、人一倍苦労しても報われない人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   41 吉   吉
温和 安定 実り
意志強く夢の実現に全力を注ぐ。ムダ嫌い。結婚生活、仕事にも合理的、現実的に物事を処理していく実務型、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
岡崎乾二郎 の画数・良運
梅津睦郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
服部盛隆 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
柳家喬之助 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
島津雅彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岩崎彩菜 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
建畠覚造 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
志賀眞津子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

岡崎乾二郎

Page Top