岡嶋二人(おかじまふたり)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

岡嶋二人(おかじまふたり)

作家

岡嶋 二人(おかじま ふたり)は日本の推理作家であり、井上泉(いのうえ いずみ, 1950年~、多摩美術学園映画科中退)と徳山諄一(とくやま じゅんいち ,1943年~、法政大学経済学部中退)によるコンビのペンネーム。名前の由来は「おかしな二人」。
1982年 『焦茶色のパステル』で第28回江戸川乱歩賞受賞。デビュー作になる
1985年 『チョコレートゲーム』で第39回日本推理作家協会賞長編賞受賞。
1986年 ゲームブックの『ツァラトゥストラの翼』刊行。
1988年 『99%の誘拐』で、翌年第10回吉川英治文学新人賞受賞。
1989年 『クラインの壺 (小説) クラインの壷』刊行を最後に、コンビを解消。その後、井上泉は井上夢人の筆名で創作活動を続けている。

岡嶋二人 おかじまふたり の画数・良運

天格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
女傑が出やすく美人の誉れ高い家系です。運の強い女性を迎えて家は栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
気位が高い野心家で、しかも徹底した努力家です。行動力、予知力、瞬間的判断力が抜群です。しかし、人を見る目は冷酷です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
負けず嫌いで、気苦労性で、芸事が得意で、独立独歩型です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
岡嶋二人 の画数・良運
松嶋ルリ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
木村重成 人格 外格 総格 が同じです
石川数正 人格 外格 総格 が同じです
花房果子 人格 外格 総格 が同じです
上岡直見 人格 外格 総格 が同じです
油井雄二 人格 外格 総格 が同じです
星野仙一 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

岡嶋二人

Page Top