小川眞由美(おがわまゆみ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

小川眞由美(おがわまゆみ)

女優

小川 眞由美(おがわ まゆみ、1939年10月7日 - )は、日本の俳優 女優。東京都足立区出身。旧芸名は小川 真由美。
和洋女子短大国文科卒業後、文学座付属研究所入所。同期に草野大悟、岸田森、寺田農、樹木希林らがいる。1962年文学座に入り『三人姉妹』で初舞台をふみ、1963年には『母』(新藤兼人)で映画初出演した。同年のテレビドラマ『孤独の賭け』が話題となり、1964年には東映の『悪女』(渡辺祐介)で本格的映画デビュー。初期はもっぱら“悪女”のイメージで売ったが、テレビの『女ねずみ小僧』シリーズ(1971年 - )や『アイフル大作戦』(1973年 - )ではコミカルな面もみせた。

小川眞由美 おがわまゆみ の画数・良運

天格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
頭が良く代々名誉職についてきました。ピンチに強く、男性を中心に繁栄します。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
話し上手で、人に喜びを与えます。詩小説、絵、演劇が得意です。やりくり上手で、女性は結婚後幸福になります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
人からは、人を見る目が厳しい、自分に好都合の人を選ぶのがうまい、閥を作る人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   30 凶   凶
苦境 浮沈 悲運
派手好み、何をしても目立つよう行動、発言する。たくさん稼ぎ、派手に使い身内より他人に気前良い、オッチョコチョイ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
小川眞由美 の画数・良運
うつみ宮土理 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小川真由美 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小川恵理子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小山恭輔 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
ドン貫太郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小川真理子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
辻昌憲 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

小川眞由美

Page Top