小倉一郎(おぐらいちろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

小倉一郎(おぐらいちろう)

俳優

小倉 一郎(おぐら いちろう 1951年10月29日 - )は鹿児島県出身(東京都新宿区育ち)の俳優である。テロワール所属。日本大学豊山高等学校中退。
細面の色白の顔と、身長168cm、45kgのひ弱そうな身体が特長。子役出身(東京児童劇団第5期生)でそのキャリアは長く、1960年代後半から1970年代の青年期にはテレビや映画の青春ドラマにも数多く出演し、ナイーブな青年像を得意として演じていて同年代の女性からも人気を得た。顔も体型もそのまま中年期に移行した事もあり、近年は、小心者の役柄を演じることが多くなった。しかし、そこにはおよそこの人だけしか演じられない深みがあり。「小心者をやらせたらこの人の右に出る人はいない」と高い評価を受けている。俳人としても有名になりつつある。

小倉一郎 おぐらいちろう の画数・良運

天格   13 吉   吉
円満 名声 人気
女系家族で、祖母、母、嫁が実権を握って栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   11 吉   吉
幸運 富 地位
楽天家、陽気、笑顔がさわやかで、指導力があり、正義感が強く、世話好き、お人好しです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   10 凶   凶
多難 大凶
趣味や特技への傾倒度大きいです。収集癖があります。親との縁薄く、金銭の苦労が絶えません。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
人からは、気が強い、喜怒哀楽を表に出す、人見知りが激しい、外面がよく内面が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
行動力抜群、先見性鋭く損になることしない。愛にも仕事にも自分にプラスになるものを求める、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
小倉一郎 の画数・良運
柏木宏之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小島一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
南井克己 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大高一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
室井秀子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大倉一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岡本行夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

小倉一郎

Page Top