小野十三郎(おのとうざぶろう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

小野十三郎(おのとうざぶろう)プロフィール

詩人

小野 十三郎(おの とうざぶろう、本名は小野藤三郎、男性、1903年 - 1996年)は詩人。
大阪府、大阪市南区の裕福な家庭に生まれる。1921年に上京し、東洋大学専門学部文化学科に入学するも、わずか8ヵ月ほどで中退し、親からの仕送りを受けながら詩作を続けた。
南天堂で知り合った萩原恭次郎、壺井繁治、岡本潤らの詩誌『赤と黒』を見て刺激を受けアナーキズム詩運動に入る。そして1926年には岡本潤・秋山清らと協力し、『弾道』を創刊した。
1933年に大阪に戻り、1939年、大阪の重工業地帯に取材した詩集『大阪』を発表した。それ以後は小野十三郎独自の詩風を確立した。
戦後は、大阪文学学校を1954年に創設し、1991年まで校長として務めた。後進の指導にも力を尽くし、小説・詩・児童文学などの講座を開設。文学の大衆化や市民平和運動に指導的な役割を果たした。

小野十三郎 おのとうざぶろう の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
人からは、社交上手、人の気をそらさぬ話術を持ち、人とまじめに付き合う、一度裏切られると自ら身を引く人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
貧困に強く、人一倍努力し独自の才能発揮。金銭面豊かになると病難、配偶者、実子と離別。金銭トラブル、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天地同格(天地同画)
天格と地格が同数です。多くの流派で大凶とされています。
小野十三郎 の画数・良運
高木春石 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中島小夜子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
里谷多英 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
佐々木政弘 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
細川桃仁 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
谷村早苗 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
安東玉彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

小野十三郎

Page Top