甲斐庄楠音(かいのしょうただおと)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

甲斐庄楠音(かいのしょうただおと)プロフィール

画家

甲斐庄楠音(かいのしょうただおと 明治27年(1894年)12月23日 - 昭和53年(1978年)6月16日)は大正時代の日本画家、昭和20年代~30年代の風俗考証家。兄に高砂香料工業創業者である甲斐庄楠香がいる。
甲斐庄氏は楠木正成末裔を自称した一族で、江戸時代に徳川光圀の推挙で9500石の旗本となった裕福な武士であった。父・正秀は甲斐庄氏の跡継ぎ養子となった物の、後に離縁となり別家を建てたという事情があり、その時の慰謝料で京都に広大な土地を購入した。楠音はその父の元で経済的に恵まれた少年時代を送った。しかし、幼少時から喘息を患い病弱であり、過保護に育てられた。
中学校に入学してから絵画への関心が高まり、京都市立美術工芸学校(現在の京都市立芸術大学)に入学し竹内栖鳳らに学ぶが、授業にほとんど出席しなかったため1年留年してしまう。その後専門学校、研究科と進む中でいくつかの展覧会に出品し、村上華岳に認められるようになる。大正7年(1918年)に国画会 国画創作協会に「横櫛」を出品。岡本神草の「口紅」とともに入賞候補に挙げられる。このとき、「横櫛」を推した村上華岳と「口紅」を推した土田麦僊とが互いに譲らず、結局、竹内栖鳳の仲裁で金田和郎の「水蜜桃」が受賞したのだが、このことで新進作家・甲斐庄楠音は有名になる。しかし、後に土田麦僊との確執を産む原因ともなる。大正11年(1922年)、帝展に「青衣の女」(ちなみに同年の国画創作協会落選作品であった)が入選したことで、大正13年(1924年)に国画創作協会の会友となる。定期的に作品を発表できる場を得た楠音は、その後精力的に作品を発表したが、大正15年(1926年)に国画創作協会に出した「女と風船」が土田麦僊に「きたない絵」とされ出品を拒絶される。昭和3年(1928年)には「新樹社」を結成し活動の場を移す。しかし昭和6年(1931年)に会員の大量脱退事件が起き、新樹社は実質解散に追い込まれる。

甲斐庄楠音 かいのしょうただおと の画数・良運

天格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
プライド高いようです。相互団結力が固く男性に傑物出ます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭はよいが金運は弱いようです。配偶者、実子に縁が薄く、病難が周囲にいて面倒を看ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
美男美女が多く、音楽や芸術の能力を発揮します。料理、ファッションの工夫も一流です。子供にはスパルタ教育をします。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
人からは、批判精神が強く社交下手、人見知りをする、おしゃれ、打ち解けず親友が少ない、謀略家で機知にたける人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   45 吉   吉
不言実行 達成 克服
周囲の人に尽くす。奉仕運。内助の功優れ、世話役、秘書役に徹し我欲を慎むとチャンス訪来し出世運、名誉運、強し、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
甲斐庄楠音 の画数・良運
東中野修道 天格 地格 総格 が同じです
原田種頼 人格 外格 総格 が同じです
岡部長職 人格 外格 総格 が同じです
加藤高道 天格 地格 総格 が同じです
小林深緑郎 人格 外格 総格 が同じです
藤原保昌 人格 外格 総格 が同じです
峰崎直樹 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

甲斐庄楠音

Page Top