加賀武見(かがたけみ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

加賀武見(かがたけみ)プロフィール

調教師

加賀 武見(かが たけみ、1937年9月8日 - )は、日本中央競馬会の元騎手で、現在は美浦トレーニングセンターに所属する調教師である。青森県出身。増沢末夫とは同世代である。
騎手デビューは23歳(1960年)と遅かったが、デビュー1年目に58勝を挙げる。これは1987年に武豊に破られるまでの新人騎手最多勝記録であった。
八大競走初勝利は1961年(昭和36年)の第44回天皇賞秋に騎乗したタカマガハラ。クライムカイザーで第43回東京優駿 日本ダービー(1976年)を制した。
年間最多勝騎手に7回、関東年間最多勝騎手には8回輝くなど1960年~1970年代にかけて競馬界を代表する騎手であった。
1988年に調教師免許取得のため騎手引退。騎手生活の成績は8664戦1352勝(うち障害競走128戦45勝)。なお加賀は1987年度に新設された「1000勝以上の騎手は調教師免許試験1次試験を免除」の適用者第1号となった(現在はこの特例は廃止)。

加賀武見 かがたけみ の画数・良運

天格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
武家、大商人、教育者など財力、名誉の両方に恵まれたものが多く繁栄力があり、芸事にすぐれているようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
人からは、気が強い、喜怒哀楽を表に出す、人見知りが激しい、外面がよく内面が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   32 大吉   大吉
柔軟性 金運 成功
わがままのようで責任感強く、行動が粘り強さでピンチ脱出、生意気で強引、先見性決断力あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
加賀武見 の画数・良運
浅沼達也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
金栄健介 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
西崎春吉 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
宇野重吉 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中鉢良治 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三木原浩史 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
重長智子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

Page Top