叶和貴子(かのうわきこ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

叶和貴子(かのうわきこ)プロフィール

女優

叶 和貴子(かのう わきこ、本名:高松 和貴子、1956年4月23日 - )は、北海道函館市生まれ。昭和後期から平成期(1980年代-)の女優。よく、「かのわ たかこ」と読まれるが「かのう わきこ」と読むのが正しい。
1977年に桐朋学園大学 桐朋学園短期大学音楽科を卒業後、1980年に東京放送 TBSのテレビドラマ『源氏物語』の紫の上役でデビューした。細面の美人として当初から評判が高く、「和服のよく似合う美人女優」とのイメージにあった役どころが多い。一方で、子供向け特撮番組への出演やヌード写真 ヌード写真集の出版などの幅広い芸歴も持っている。
1991年に関節リウマチであることが判明し、病状の悪化を受けて、1997年にいったん芸能活動を休止し、治療に専念した。2000年に活動を再開。現在は、闘病経験をもとに健康をテーマにしたテレビジョン テレビ、ラジオのトーク番組出演や講演を中心とした活動を行っている。

叶和貴子 かのうわきこ の画数・良運

天格   5 吉   吉
健康 財産 繁栄
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
控え目で、環境への順応性高がたかいようです。親孝行で、金運、出世運が強い努力家です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
人からは、落着いて、悩みない人、ロマンチスト、話が大きい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
貧困に強く、人一倍努力し独自の才能発揮。金銭面豊かになると病難、配偶者、実子と離別。金銭トラブル、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
叶和貴子 の画数・良運
一戸直蔵 天格 地格 外格 総格 が同じです
桂小南光 人格 外格 総格 が同じです
山口敏太郎 人格 地格 外格 が同じです
長谷川勉 人格 外格 総格 が同じです
桂千穂 人格 外格 総格 が同じです
影山哲 人格 外格 総格 が同じです
長谷川泰 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

叶和貴子

Page Top