川上優子(かわかみゆうこ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

川上優子(かわかみゆうこ)

陸上選手

川上 優子(かわかみ ゆうこ。1975年8月1日生まれ)は、1990年代後半~2000年代初期に活躍した陸上競技女子選手。1996年アトランタオリンピック(7位入賞)と2000年シドニーオリンピック(10位)は共に女子10000m代表として出場した。現在は日本女子プロゴルフ選手を目指し修業中。沖電気に所属。
1996年6月、日本選手権では女子10000mに出場、当時の日本新記録で優勝した鈴木博美に惜しくも敗れたが2位に入り、この成績でアトランタ五輪代表に選ばれた。その後8月の五輪本番で川上は予選を無事通過、そして決勝でも五輪初出場とは思えない積極的なレースを見せる。終盤に入るとさすがに川上は苦しい表情になりながらも粘り強く走り続けた。そして千葉真子の5位に次いで、川上も見事7位に食い込んだ。長距離トラック種目で日本女子が二人同時に入賞するのは、五輪史上初めての快挙であった(鈴木博美は16位)。

川上優子 かわかみゆうこ の画数・良運

天格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
頭が良く代々名誉職についてきました。ピンチに強く、男性を中心に繁栄します。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
責任感が強く、義侠心に富みます。頑張り屋ですが、スロースターターです。男女共子供運が弱いです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
人からは、ファイト満まん、頭の回転が速い、プライドが高い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
川上優子 の画数・良運
丸山優子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
朱綬光 天格 人格 地格 総格 が同じです
大上留利子 天格 地格 総格 が同じです
小川巌 天格 地格 総格 が同じです
土居裕子 人格 外格 総格 が同じです
山本輝之 人格 外格 総格 が同じです
川上澄生 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

川上優子

Page Top