川口和久(かわぐちかずひさ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

川口和久(かわぐちかずひさ)プロフィール

野球解説者

川口 和久(かわぐち かずひさ、1959年7月8日 - )は、昭和後期から平成期(1980年代-1990年代)のプロ野球選手(投手)。現在は野球解説者。鳥取県鳥取市出身。
吉岡温泉で食堂(旅館説もある)を経営していた家の、男ばかり三兄弟の末子として生を受ける。鳥取城北高等学校時は速球派投手として注目されるが、甲子園大会には縁がなかった。ただし2年の秋(1976年)に明治神宮野球大会に出場している(1-3作新学院高等学校 作新学院高)。3年時の1977年千葉ロッテマリーンズ ロッテオリオンズからドラフト6位指名を受けるが拒否し、社会人野球チームのデュプロ硬式野球部 デュプロを経て、1981年ドラフト会議 ドラフト1位で広島東洋カープに入団。

川口和久 かわぐちかずひさ の画数・良運

天格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
頭が良く代々名誉職についてきました。ピンチに強く、男性を中心に繁栄します。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   11 吉   吉
幸運 富 地位
楽天家、陽気、笑顔がさわやかで、指導力があり、正義感が強く、世話好き、お人好しです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
人からは、ファイト満まん、頭の回転が速い、プライドが高い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
責任感強く、正義感、意志が強い、初志貫徹、頑固、思いやり豊か、世話面倒見よい、短気、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天天地地・精神連鎖
姓の最初の文字と名の最後の文字が同画です。精神的に不安定になることが多いとされています。
川口和久 の画数・良運
小川明子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
川口幸也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
川上直子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
川上和久 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小川典子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山口和之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山下昌子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

川口和久

Page Top