河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)プロフィール

俳人

河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年(明治6年)2月26日 - 1937年(昭和12年)2月1日)は、日本の俳人・随筆家。
愛媛県温泉郡千船町(現・松山市千舟町)にて伊予松山藩 松山藩士で藩校・明教館の教授であった河東坤(号・静渓)の五男として生まれる。本名・秉五郎(へいごろう)。少年の頃は正岡子規の友人で海軍参謀秋山真之を「淳さん」と敬愛していた。(しかし真之の名文「天気晴朗ナレドモ波タカシ」は評価していなかった)
1888年(明治21年)伊予尋常中学(現在の愛媛県立松山東高等学校 愛媛県立松山東高校)に入学。1889年(明治22年)帰郷した正岡子規に野球を教わったことがきっかけで、同級生の高浜虚子を誘い子規より俳句を学ぶ。

河東碧梧桐 かわひがしへきごとう の画数・良運

天格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
一代で財をなし没落してゆく運命を繰り返しています。浮沈の激しい家系です。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
失敗や貧困を人一倍恥と考え、気位高い性格です。清潔好きで、見栄っぱり、まじめな努力家です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   35 吉   吉
温厚 人望 安定
実力者、権力者をうまく利用するのが巧みで、仲介役として才能を発揮します。親からの独立は早いのですが、金運は弱いようです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
人からは、さわやかな笑顔、人なつっこい、お人好し、腰が低い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   51 半吉   半吉
不安定 変化 危険
生真面目でおとなしくて石橋をたたいて渡る慎重さ、長い時間を経て信用と財を集める、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
河東碧梧桐 の画数・良運
霜鳳典雄 人格 外格 総格 が同じです
千本松喜兵衛 天格 地格 総格 が同じです
三遊亭圓輔 人格 外格 総格 が同じです
藤原敦基 人格 外格 総格 が同じです
菅原喜重郎 人格 外格 総格 が同じです
藤原景清 人格 外格 総格 が同じです
藤原道隆 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

河東碧梧桐

Page Top