北川悠仁(きたがわゆうじん)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

北川悠仁(きたがわゆうじん)プロフィール

歌手

ゆずは、神奈川県横浜市磯子区岡村出身の、リーダー北川悠仁とサブリーダー岩沢厚治の二人からなる平成フォークソング フォークデュオ。トイズファクトリーの関連会社である(有)セーニャ・アンド・カンパニーに所属している。
ストリートミュージシャン出身。ストリート時代は主に横浜市中区 (横浜市) 中区伊勢佐木町の松坂屋前で路上ライブを行っていた。最初にストリートに出たのは岩沢でそれを見た北川が一緒にやろうと誘う。岩沢の返事は、ドキドキしている北川に比べてかなり軽くOKしたとテレビで話していた(参照:WEST21)。結成当初は「Lights」という名前だったが、これをダサいと感じていた北川が、二人が当時一緒にやっていたバイト先の食事会で食べた柚子シャーベットから「ゆず」へと変更(因みにそのとき岩沢はバニラアイスを食べていたため、もしかしたら「ゆず」ではなく「バニラ」になっていたかも、とよくネタにしている)。音楽プロデューサーに元JUN SKY WALKER(S)のメンバーだった寺岡呼人を迎え、1997年『ゆずの素』でインディーズデビュー。翌年1998年メジャー1stシングル『夏色』でブレイク。テレビへの露出は少ないが(バラエティでは、2002年のワンナイR&Rスペシャルに出演していた)、さわやかな歌声、詩などから老若男女を問わず幅広い層から支持を得る。また、フォーク復興の立役者としての評価も高く、新たなるフォークとして「ネオ・フォーク」と呼ばれるジャンルを確立した(本人らの自称は「平成爽やかフォークデュオ」)。2003年及び2004年には「NHK紅白歌合戦」にも出場した。さらに初のカウントダウンライブを横浜で行う。『栄光の架橋』が日本放送協会 NHKのアテネオリンピック (2004年) 2004年アテネオリンピック放送の公式テーマソングに起用され、ゆずの知名度は更に高まった。この影響からか、以前よりテレビ番組へ出演する機会が増えた。

北川悠仁 きたがわゆうじん の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
人からは、目付きがきつい、人見知りをする、一度気を許すとトコトン付き合う人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
行動力抜群、先見性鋭く損になることしない。愛にも仕事にも自分にプラスになるものを求める、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
北川悠仁 の画数・良運
井手恵生 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本勇気 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
石川康仁 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
久田信行 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小平信因 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山田美也子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小出秋光 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

北川悠仁

Page Top