木塚敦志(きづかあつし)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

木塚敦志(きづかあつし)プロフィール

プロ野球選手

木塚 敦志(きづか あつし、1977年7月19日 - )は埼玉県浦和市(現・さいたま市浦和区)出身の平成期(2000年代前半~)のプロ野球選手。プロ野球・横浜ベイスターズに所属している。背番号は20。右投右打。ポジションは投手。
サイドからキレのある球を投げる強気な投球で、主に中継ぎ投手 中継ぎで活躍する右腕。明治大学4年の時、秋季リーグ対東京大学 東大戦において、明大では星野仙一以来のノーヒットノーランを達成。
気迫満点の投球でピンチの場面に登板し打者を抑えた時は豪快なガッツポーズをする。
持ち球はスライダー、シンカー、カーブ。
1994年 - 全国高等学校野球選手権大会 夏の甲子園に出場、二回戦敗退。

木塚敦志 きづかあつし の画数・良運

天格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
一代で財をなし没落してゆく運命を繰り返しています。浮沈の激しい家系です。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
ロマンチストで、控え目でおとなしいようです。まじめで、潔癖性です。自分の夢を大事しています。世話好きだが冷たい所もあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   35 吉   吉
温厚 人望 安定
まじめな努力家、人と争うのが苦手。独自の生活方針を立て、先見性、アイデアの良さでチャンスつかむ。目立たないが頭良い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
木塚敦志 の画数・良運
河東燈士 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
手塚登久夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
天城山猪太夫 天格 地格 総格 が同じです
湯元健治 天格 地格 総格 が同じです
平岩親吉 人格 外格 総格 が同じです
平野洋一郎 天格 地格 総格 が同じです
伊庭貞剛 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

木塚敦志

Page Top