木俣達彦(きまたたつひこ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

木俣達彦(きまたたつひこ)プロフィール

野球解説者

木俣 達彦(きまた たつひこ、1944年7月7日 - )は、愛知県岡崎市出身。昭和後期(1960年代後半-1980年代前半)のプロ野球選手。右投げ右打ち。ポジションは捕手。現役時の背番号は23番。
中学から捕手を務め、中京大学附属中京高等学校 中京高では全国高等学校野球選手権大会 甲子園に出場。捕手の人材難に悩んでいた中日ドラゴンズからの誘いがあり、中京大学を中退して1964年に中日に入団。小柄ながら強打の捕手として活躍。
1969年にセ・リーグの捕手では史上初の30本塁打となる33本塁打をマーク、典型的な長距離打者であったがゆえに粗さが目立ち、打率も低い為、それを改善するために、一本足打法でグリップを極端に下げてからトップの位置に持っていくマサカリ打法(マサカリパンチ)を編み出し上からボールをぶつけるレベルヒッターへ転向し安打を量産(本人曰く、マサカリ打法とは、打法改造する前の1971年に中日スポーツの記者からつけてもらったとのこと)。

木俣達彦 きまたたつひこ の画数・良運

天格   13 吉   吉
円満 名声 人気
女系家族で、祖母、母、嫁が実権を握って栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
プライドが高く、負けず嫌いで、口が悪いようです。それでも、周囲への影響力が大きく尊敬されています。冷淡な所もあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
親をしのぐ実力者となり家名をあげます。女性は男勝りで信用も抜群。男性はハッタリも強いが統率力もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   13 吉   吉
円満 名声 人気
人からは、人なつこく笑顔が絶えない、頼まれるとイヤと言えないお人好し、誠心誠意を相手に尽くす人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   34 凶   凶
繊細 災難 挫折
ファイトマン、状況判断早く、ムダがない、雑音に耳かさぬ強引さ、涙もろく、義理人情に厚い。尻切れトンボ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
木俣達彦 の画数・良運
中城裕美 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山脇啓造 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
川原隆造 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中垣喜彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
平松園枝 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
石河幹明 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三浦啓之助 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

木俣達彦

Page Top