桐山桂一(きりやまけいいち)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

桐山桂一(きりやまけいいち)プロフィール

東京新聞社会部記者

桐山桂一(きりやまけいいち、1959年 - )はノンフィクション作家、中日新聞記者。岐阜県生まれ。同志社大学文学部卒業後、中日新聞社入社。東京新聞社会部にて遊軍キャップ、司法キャップ、特別報道部デスクなどを経て現在論説委員。総合研究開発機構(NIRA)の政策研究『個族化社会のネットワーク形成』で特別研究員も勤める。
「反逆の獅子」
「江戸宇宙」
「呉清源とその兄弟」
「昭和零年」
日本のノンフィクション作家 きりやまけいいち
1959年生 きりやまけいいち

桐山桂一 きりやまけいいち の画数・良運

天格   13 吉   吉
円満 名声 人気
女系家族で、祖母、母、嫁が実権を握って栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
要領よく処理がテキパキと早くまじめ、プライド高く厳しく冷たい自分勝手な印象、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天地連鎖
姓の最初の文字と名の最初の文字が同画です。凶現象を引き寄せるとされています。
桐山桂一 の画数・良運
寺村好司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
和田尚子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
宮下隼一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
金田幸三 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
東出典子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
金田朋子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
河田京子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

桐山桂一

Page Top