佐野浅夫(さのあさお)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

佐野浅夫(さのあさお)プロフィール

俳優

佐野 浅夫(さの あさお、1925年8月13日-)は、昭和中期から平成期(1940年代後半-)の俳優、童話作家。神奈川県横浜市出身。
日本大学芸術学部在学中の1943年、劇団苦学座に入団。戦後、劇団民藝の結成に参加し、多くの舞台に出演するが、1971年に民藝内部で対立が起こり、下條正巳、鈴木瑞穂らと退団する。以降は映画・テレビで主に脇役として活躍。日本放送協会 NHKラジオの『お話でてこい』では、童話の朗読役として4000回を超える放送をこなした。また、創作童話の執筆にも取り組み、『せん爺さんの太鼓』などの著書がある。その功績をたたえ、2001年に広島大学からペスタロッチ教育賞を授与された。

佐野浅夫 さのあさお の画数・良運

天格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
代々、財産家か社会的信用、地位のある名誉職についている人が多く、男性を中心に繁栄してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   13 吉   吉
円満 名声 人気
孝心が厚く年長者を助けます。男女とも結婚後、幸福をつかみやすいようです。女性は養子を迎えやすいです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
頭の回転、気分切り換え早い。前向きに生活、一族一家のリーダー。重責に耐え頑張り抜く、女性は内助の功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
佐野浅夫 の画数・良運
小槻広房 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
玉置孝匡 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
米塚尚史 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
林原耕三 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三輪正明 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
伊達昌司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
雨宮眞也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

佐野浅夫

Page Top