関川夏央(せきかわなつお)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

関川夏央(せきかわなつお)

ノンフィクション作家

関川 夏央(せきかわ なつお、1949年11月25日 - )は、新潟県生まれの日本の作家、ジャーナリスト・漫画原作者である。新潟県立長岡高等学校卒業、上智大学外国語学部中退。本名:早川哲夫
『ソウルの練習問題』で一躍世間の注目を浴びる。ノンフィクション、ルポルタージュ的な切り口で、時代や社会の有り様を鋭くえぐり出す巧みな作家として定評がある。
『海峡を越えたホームラン』で、講談社ノンフィクション賞を受賞。その後、2001年、『「坊っちゃん」の時代』(第2回手塚治虫文化賞)、『司馬遼太郎の「かたち」』、『二葉亭四迷の明治四十一年』といった明治以来の日本人の思想と経験を掘り下げてきた業績に対して司馬遼太郎賞を受賞した。2003年には、『昭和が明るかった頃』で講談社エッセイ賞を受賞。

関川夏央 せきかわなつお の画数・良運

天格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
武家、大商人、教育者など財力、名誉の両方に恵まれたものが多く繁栄力があり、芸事にすぐれているようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
人からは、周囲の人の影響で気苦労が多い、頭がよい、人一倍苦労しても報われない人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   32 大吉   大吉
柔軟性 金運 成功
わがままのようで責任感強く、行動が粘り強さでピンチ脱出、生意気で強引、先見性決断力あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
関川夏央 の画数・良運
菊池秀治 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
鈴木重成 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
梅村好彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
関口時正 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
堀江利幸 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
関山耕司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
須甲松伸 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

関川夏央

Page Top